1991年にカリフォルニア大学教授のLaveとWengerが正統的周辺参加(LPP: Legitimate Peripheral Participation)という概念を提唱しました。これは、”学習は、実践共同体への参加の度合いの増加に伴うアイデンティティ変化である”とする考え方です。換言すると、社会のコミ