INSTRUCTIONAL COACHING

インストラクショナルコーチ 森祐介のブログです。 コーチング、ファシリテーション、インストラクショナルデザインを専門に、個人・企業・学校を教育面でサポートさせていただいてます。

INSTRUCTIONAL COACHING イメージ画像

インストラクショナルデザイン

教育の効果測定で重要な視点、”効率”と”効果”。(EfficiencyとEffectiveness)現在、インストラクショナルデザイン研究会での研究著書、Instructional-Design Theories and Models, Volume IV: The Learner-Centered Paradigm of Educationにおいても各教育プログラムをこ
『#240 効果と効率の違い(Effectiveness / Efficiency)』の画像

学習者が何を感じているのかを把握する簡易なアセスメントの手法で"Exit TIcket(イグジット・チケット)”というものがあります。今読んでいるインストラクショナルデザインの本で出てきたのでググってみたのですが、日本語で解説しているのがなかったので、まとめてみまし
『#237 Entrance/Exit Ticket』の画像

ルーブリック(Rubric)とは、目標に準拠した評価のための基準つくりの方法論で、到達目標をレベル別に具体的にマトリクス形式で示す評価指標のこと。アメリカで開発されたこの指標は、評価が難しいとされてきた思考・判断・スキル等の数値化できないものに対しても評価できる
『#234 ルーブリック』の画像

4C/IDモデルとは、Four Component Instructional Design Modelの略で、van Merriënboer らが提唱したインストラクショナルデザイン手法の1つです。この理論は、人間の知識はスキーマの中に蓄えられることを前提としています。※スキーマとは、”ある物事に関する知識につい
『#231 4C/IDモデル』の画像

Michael J. PrinceとRichard M. Felderが、2007年にジャストインタイムティーチング(Just-inTime Teaching)という概念を提唱しました。(JiTTと略されます)アクティブラーニングの中でも比較的新しく、まだ日本語訳の解説も少ない手法です。JiTTは、ウェブベースの事前学習
『#230 ジャストインタイムティーチング』の画像

↑このページのトップヘ