目標達成のためのフレームワークで、GROWモデルというものがあります。
1980か1990年頃にイギリスで開発され、主にスポーツや教育分野で使用されています。
以下が大まかな手順です。図を参考にして見てみて下さい。

①Goal(目標)
まず、ゴール設定です。ビジョンではなくゴール。
ゴール設定については、SMART Goalを意識して記載

②Reality(現状)
現状分析を行い、目標とのギャップを確認します。
ボトルネックや障害物についても確認します。

③Resource(資源)
目標達成に役立つ資源を洗い出します。
人、物、金、情報、知識、経験、スキル、時間等幅広く書き出します。

④Options(打ち手)
ゴールに近づくための打ち手を考えつく限り書き出します。
柔軟な発想で、思いつく限り沢山生み出します。

⑤Will / Way Forward(意思の確認)
本当に実行するかどうか、意思を確認しながら、打ち手に優先順位と期日を設定し、マイルストーンをスケジュールに入れ込みます。

このGROWモデル、シンプルにまとめられていますが、使い倒せばかなりパワフルです。
この枠組みを意識しながら計画と行動を繰り返していくと、目標達成スキルは確実に上がっていきます。
ちなみに目標達成コーチングでは、このGROWモデルに他のメソッドを織り交ぜオリジナルのメソッドとして活用しています。
ご興味あれば、是非体験コーチングを試してみてください。

grow