11月15日に同志社大学経済学部学生プロジェクト「社会人0.5年生の職発見」で実施したライフナビの参加者の声をご紹介します。

◆特にインパクトのあったところは何処ですか?またなぜですか?
・1つのテーマについてみんなが意見を出しあうとこ。違いを楽しむという目標で意見を出し合ってですが、本当にいろいろな考えが出てきて人による違いを改めて実感できた。
・最初ロールプレイングゲームのイメージではじまったところ。ライフナビプロジェクトのやりたいことがパッとわかりやすかったからです。
・他の人の意見を聞いて、色んな価値観に触れることができたので、楽しかったです。

◆あなたの今後の人生、生活にどのように活用することができそうですか?
・自分に大切な部分を漠然とですが理解することができたため、就活において業界や職種または理念を見る際役立つと感じられました。
・自分が何を大切にしているか、解明する手助けになると思います。就活に自分なりのポリシーを持って臨むことができるようこの経験を生かしていきたいと思います。 
・最後に12年後の自分の絵を書く活動で、今までこのようなことはやった経験がなかったけど、絵に書いたことによって、今まで考えていた以上にリアルに想像することができてより絵に書いたような自分になりたいと考えることができた。
・自分って本当はこういうことに興味があるんだなと驚きました。キャリアとプライベートのバランスについて考えるきっかけになりました。 
・周りの人とこういう対話ができたらいいなと思っています。かなり漠然としていますが、少しだけ将来を意識してみてまた更新をしつつ目標に近づきたいです。
 

今回は就職活動を控える2年生と3年生が多く、就職活動に対する不安の声も多く出ていました。
しかし、大事なのは就職先の企業の検索よりも、人生の探索。
企業選びよりも先に、自分がどんな人生を生きたいのかを明確にするべきです。
今回、漠然とでも将来の理想の自分へと繋がるきっかけを見出してもらえたような感想が多かったので、こちらとしてもとても嬉しく感じています。

IMG_6940