先日、ライフナビの理事会があり、今後の方向性を中心に色々と話し合いました。
正直、他のライフナビ理事メンバーはすごい経営者ばかりなので、一緒に活動させて頂いていることにいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
そんな理事達から、非常に興味深い話があったのでここで書き記しておきます。

それは”キャリアダウン”という考え方についてです。
キャリアアップこそが人生でプラスだと思っていた自分にとっては、最初は、
「えっ、何故キャリアダウン?」と思ったのですが、内容を聞いてなるほどと感銘を受けました。

結論から言うと、戦略的なキャリアダウンは人生にプラスに働くことが多いということです。
特に、50歳までにそれを実行できた人の方は、そうでなかった人に対して、人生の幸福度が高いのだそうです。 

この話のポイントは人生のバランスです。
キャリアアップを目指し一生懸命働くことはもちろん良いことだと思うのですが、人生は仕事だけではありません。
人生には様々な側面があります。(※目標達成コーチングでは各分野の満足度の測定を行います)
幸福度とはその各分野の満足度の総和です。
たとえ仕事で大成功していても、家庭や健康などどこか1つでも著しく低い部分があればそれに引き摺られて総合的な幸福度は低くなってしまいます。

ある理事が言いました。
「毎日寝る前に娘に本を読んであげられる価値っていくらなんだろうって考えてね。キャリアアップのために時間を使って働き続けて得られる価値(お金や地位)よりも家族との時間の方が遥かに大事だと気付いたんだ。」

家庭とのバランスを保つための戦略的キャリアダウン。
家庭を持つ前にこういう話が聞けて本当に良かったです。
この類の話に共感するあたり、やはり自分の中で家庭とビジネスの両立というのは根底のテーマとして流れていると確信しました。
同様のことをストーリーを通して学びたければ、”成功者の告白”という本が本当にオススメです。僕の人生のバイブルの1冊です。 

しかし、キャリアダウンするためには、まずはキャッリアアップする必要がありますので、今はとにかく仕事に打ち込もうと思います。
ただ、大事なことを忘れて、仕事だけに生きた人生とならないよう、しっかりとバランスを保ちながら総合的な幸福度を高める人生を送っていきたいと思いました。

career