おそらく知っている人も多いかと思いますが、コミュニケーションにおいて
非常に重要なメラビアンの法則について書きます。 
これは、アルバート・メラビアンが行ったコミュニケーションの実験から、
人の言動がどのように他者に影響を与えるかを示した法則です。
これによると、以下のように言葉自体が与える影響は非常に少ないことが分かります。
Words(言語情報):7%
Tonality(聴覚情報):38%
Physiology(視覚情報):55%

Verbal Communicationはたったの7%で、Non-Verbal Communicationが合計で93%を占めています。
笑わずに暗いトーンで「ありがとう」と言っても相手には響かないということをイメージして頂くと、
この法則のいわんとすることが分かるかと思います。

ただ、注意も必要です。
この実験は、被験者に対して、言葉、聴覚、視覚がそれぞれ矛盾する情報を与え、
どの情報を最も信用し、相手の意図を推測するかというもので、
コミュニケーション全般に当てはまる数値ではないということです。

しかし、いずれにしても、コミュニケーションにおいてNon-Verbalな言い方や表情、見た目が
かなり大きな影響力を持っているということは覚えておいて損はないと思います。
何も喋らなくても視覚情報から、何かを喋ると、視覚情報に加えその抑揚や言い方から
色々な情報が伝わっているのだと思って下さい。

You cannot not communicate. 
コミュニケーションしないということは不可能ですから。