LIFE NAVI COACHING

ライフナビコーチ 森祐介のブログです。 コーチング、ファシリテーション、インストラクショナルデザインについての学びをまとめています。

LIFE NAVI COACHING イメージ画像

更新情報

最近接発達領域(ZPD: Zone of Proximal Development)とは、ロシアの心理学者レフ・ヴィゴツキーが提唱した発達や教育に関する概念です。※発達の最近接領域と呼ばれたりもします。近年の発達心理学の研究でも引用されることが多い重要な考え方と言われています。ZPDとは、①
『#229 最近接発達領域(ZPD)』の画像

自己調整学習(SRL: Self-Regulated Learning)とは、1990年代頃から出てきた比較的新しい教育心理学の理論です。定義は学者により諸説ありますが、ざっくりとまとめると”学習者が自ら目標を設定し、その達成に向けて自らの行動を能動的に変化させていくプロセスのこと”と言
『#228 自己調整学習(Self-regulated Learning)』の画像

やる気・モチベーション。企業でも学校でも教育に関わる現場では切っても切れないテーマですね。 今回は、モチベーション(動機づけ)と自己決定性について考察したいと思います。まず、モチベーション・動機づけから。動機づけには内発的なものと外発的なものの2つがありま
『#227 モチベーションと自己決定性』の画像

皆さんの周りで圧倒的な成果を出している人はいますか?思いあたる人がいたらその人のことをよーく思い出してみてください。仕事に対してどんな感情を抱いて取り組んでいるでしょうか。 イヤイヤ?、真面目?、ワクワク?、悲しさ?、怒り?、楽しさ?孔子と弟子の対話を集
『#226 論語から学ぶ成果を出す人の特徴』の画像

アレックス・F・オズボーンによって考案されたオズボーンのチェックリストというものがあります。※そのままですねwこれは創造性を引き出すリストで、会議でアイデアが浮かばず行き詰まってしまった際などに有効と言われています。ちなみにこのアレックス・F・オズボーンはブ
『#225 オズボーンのチェックリスト』の画像

7つの習慣を学び直す志秦塾。先日の土曜日が第8回でした。毎回とても良い学びになっているので、過去の分もしっかり復習をしていこうと思います。ということで今回はvol.2 & 3。7つの習慣の全体像、概要について説明があり、第1の習慣である主体性についての学びでした。最
『#224 志秦塾(7つの習慣)vol.2 & 3』の画像

人は集まって話し合うことで1人の時よりも良い判断ができるのでしょうか? この問いに対し、心理学者アービング・ジャニス(Irving Janis)は 1972年に集団浅慮または集団思考(Groupthink)という概念を提唱しました。 かなり昔の研究ですが、未だに重要な考え方とし
『#223 集団浅慮と8つの兆候』の画像

↑このページのトップヘ