INSTRUCTIONAL COACHING

インストラクショナルコーチ 森祐介のブログです。 コーチング、ファシリテーション、インストラクショナルデザインを専門に、個人・企業・学校を教育面でサポートさせていただいてます。

INSTRUCTIONAL COACHING イメージ画像

更新情報

アメリカの文化人類学者のEdward T Hall(エドワード・ホール)が提唱したハイコンテクスト・ローコンテクストという概念があります。コンテクスト(Context)とは日本語では、文脈や背景と訳されます。言葉そのものでなく、その言葉の裏にある概念のことですね。Hall博士は、
『#246 ハイコンテクストとローコンテクスト』の画像

アクティブラーニング手法の1つ、ピア・インストラクション(Peer Instruction)についてまとめます。これは1990年頃、ハーバード大学のEric Mazur教授が考案した手法で、規模の大きな講義や、知識定着型の授業で特に有効と言われています。僕自身、大学の講義やライフナビプロ
『#245 ピア・インストラクション』の画像

昨日、大阪マラソンでサブ4を達成した旨のエントリを書きましたが、今回は、達成できた理由は何だったのか、振り返って記録しておこうと思います。僕にとって今回の大阪マラソンは人生で2度目のフルマラソンでした。1回目は3年前、2014年8月のカンボジアでのフルマラソン。(
『#244 マラソン素人が5ヶ月でサブ4達成できた理由』の画像

昨日は大阪マラソンにチャリティーランナーとして参加してきました!やってやりましたよ!公言してたサブ4(4時間切り)の目標を達成しました! タイムは、3時間50分28秒! ᕦ(ò_óˇ)ᕤ ドヤ!タイムだけ見るとそこそこに余裕ですが、実際は苦痛の連続(汗)30km超えてか
『#243 大阪マラソン・チャリティーランナーでサブ4達成!』の画像

昨日はお世話になっている追手門学院大学 学長補佐の秦先生からお声がけいただき、大学でファシリテーションの講義を担当させていただきました。参加者は大学生+高校生の60名弱。さすがにファシリの第一人者の秦先生の前なので 緊張しながらのスタートでした(^ ^;)でも、今回
『#242 大学でのファシリテーション講座』の画像

教育において非常に重要な”問い”かける技術。問いを有効に活用できれば、思考を広めたり深めたり、気づきを促したり、等々相当な学習促進効果が期待できます。まぁとにかく素晴らしい技術です。その問いを構造的に理解し、体系的にまとめたいと思います。視点によってまと
『#241 質問と発問』の画像

教育の効果測定で重要な視点、”効率”と”効果”。(EfficiencyとEffectiveness)現在、インストラクショナルデザイン研究会での研究著書、Instructional-Design Theories and Models, Volume IV: The Learner-Centered Paradigm of Educationにおいても各教育プログラムをこ
『#240 効果と効率の違い(Effectiveness / Efficiency)』の画像

↑このページのトップヘ