INSTRUCTIONAL COACHING

インストラクショナルコーチ 森祐介のブログです。 コーチング、ファシリテーション、インストラクショナルデザインを専門に、個人・企業・学校を教育面でサポートさせていただいてます。

INSTRUCTIONAL COACHING イメージ画像

更新情報

インストラクショナルコーチングとは、Instructional(指導者の)+Coaching(コーチング)、つまり、指導者(教師)に対するコーチングのことです。具体的には、教師の授業を観察し、フィードバックを与えることで気づきを促し、目標や計画、指導内容・教授方法の修正・改善

1991年にカリフォルニア大学教授のLaveとWengerが正統的周辺参加(LPP: Legitimate Peripheral Participation)という概念を提唱しました。これは、”学習は、実践共同体への参加の度合いの増加に伴うアイデンティティ変化である”とする考え方です。換言すると、社会のコミ
『#253 正統的周辺参加(LPP)』の画像

昨日は、定例のインストラクショナルデザイン研究会の研究日でした。今回の学習テーマは、Instructional-Design Theories and Models, Colume Ⅳの第7章:デジタルメディアの協同的製作物をデザインするDesigning Collaborative Production of Digital Mediaでした。この章の
『#252 インストラクショナルデザイン研究会_1220』の画像

今回は学習者の評価のしくみについて考察してみます。学習の評価について、日本では大きく分けて形成的評価と総括的評価の2つがあります。下の表ではその間の中間評価というものを入れて3段階にしていますのが、(アメリカでは短期・中期・長期の3段階です)中間評価とは、形
『#251 形成的評価(Formative Assessment)』の画像

教師の教授力改善をサポートするインストラクショナル・コーチングという概念があります。コーチングが教師の教授力向上に効果的だと議論がされ始めたのは約20年前。インストラクショナルデザインの分野でも比較的新しい概念です。ググっても日本語の記事が見当たらなかった
『#250 インストラクショナル・コーチング』の画像

講師に必要な知識にはどんなものがあるでしょうか。アメリカの教育心理学者Lee Shulmanは、Pedagogical Content Knowledge(PCK)という概念を提唱しました。これは、講師には①コンテンツと②教える方法の2つの知識が必要という考え方です。例えば、英語ペラペラの人が素晴ら
『#249 講師に必要な3つの知識(内容+教える方法+テクノロジー)』の画像

今日は、ヤフー大阪で開催された”ワークショップデザイン講座〜学びが深まる問いの作り方”に参加してきました。”ワークショップ”、”デザイン”、”問いの作り方”キーワードが大好物すぎて、申し込み開始後、すぐに申し込んだのでした。こども国連環境会議推進協会 事務
『#248 ワークショップデザイン講座 〜学びが深まる問いの作り方』の画像

↑このページのトップヘ