LIFE NAVI COACHING

ライフナビコーチ 森祐介のブログです。 コーチング、ファシリテーション、インストラクショナルデザインについての学びをまとめています。

LIFE NAVI COACHING イメージ画像

更新情報

講師に必要な知識にはどんなものがあるでしょうか。アメリカの教育心理学者Lee Shulmanは、Pedagogical Content Knowledge(PCK)という概念を提唱しました。これは、講師には①コンテンツと②教える方法の2つの知識が必要という考え方です。例えば、英語ペラペラの人が素晴ら
『#249 講師に必要な3つの知識(内容+教える方法+テクノロジー)』の画像

今日は、ヤフー大阪で開催された”ワークショップデザイン講座〜学びが深まる問いの作り方”に参加してきました。”ワークショップ”、”デザイン”、”問いの作り方”キーワードが大好物すぎて、申し込み開始後、すぐに申し込んだのでした。こども国連環境会議推進協会 事務
『#248 ワークショップデザイン講座 〜学びが深まる問いの作り方』の画像

日々お世話になりまくっているスターバックスがちょっと前から"Starbucks Rewards"なるプログラムをスタートしました。これは、コーヒーを購入毎にスター(ポイント) がたまり、そのポイントに応じてお気に入りの商品と交換できるというサービス。このRewardsが始まった当初
『#247 スタバのRewardsをゲーミフィケーションで考察』の画像

アメリカの文化人類学者のEdward T Hall(エドワード・ホール)が提唱したハイコンテクスト・ローコンテクストという概念があります。コンテクスト(Context)とは日本語では、文脈や背景と訳されます。言葉そのものでなく、その言葉の裏にある概念のことですね。Hall博士は、
『#246 ハイコンテクストとローコンテクスト』の画像

アクティブラーニング手法の1つ、ピア・インストラクション(Peer Instruction)についてまとめます。これは1990年頃、ハーバード大学のEric Mazur教授が考案した手法で、規模の大きな講義や、知識定着型の授業で特に有効と言われています。僕自身、大学の講義やライフナビプロ
『#245 ピア・インストラクション』の画像

昨日、大阪マラソンでサブ4を達成した旨のエントリを書きましたが、今回は、達成できた理由は何だったのか、振り返って記録しておこうと思います。僕にとって今回の大阪マラソンは人生で2度目のフルマラソンでした。1回目は3年前、2014年8月のカンボジアでのフルマラソン。(
『#244 マラソン素人が5ヶ月でサブ4達成できた理由』の画像

昨日は大阪マラソンにチャリティーランナーとして参加してきました!やってやりましたよ!公言してたサブ4(4時間切り)の目標を達成しました! タイムは、3時間50分28秒! ᕦ(ò_óˇ)ᕤ ドヤ!タイムだけ見るとそこそこに余裕ですが、実際は苦痛の連続(汗)30km超えてか
『#243 大阪マラソン・チャリティーランナーでサブ4達成!』の画像

↑このページのトップヘ